スマートフォンを落としてしまい、画面が割れてしまったり、バッテリーの減りが早くなってきたと感じる事ありませんか?そんな時は、修理店で修理すると良いですよ。でも何処の修理店で修理するのが良いのか迷いませんか?そんな時、事前に調べておきたい事を紹介します。

正規保証を受けるなら正規店へ

正規店以外での修理は、メーカーの保証が無くなってしまうのです。これからも正規のサポートを使用していきたい方は、正規店の修理サポートを利用していくと良いです。しかし、メリットもデメリットもあるので、これから紹介していきます。

正規店で修理するメリット

iphoneを修理に出す際は正規店へ持ち込むようにしましょう。正規店で行われる修理では、新しい部品が必要になった際、当たり前ですが純正の部品を使用します。iphoneは非常に精密な機会ですので、純…

正規店は修理費は高い?

iphoneが故障してしまったら、修理に出す必要がありますが、正規店の修理費は、非正規である街の修理店と比べると高いというイメージを持っている人も多いでしょう。実際のところ、街の修理店の方が修理費…

iphoneの修理を正規店でするか非正規店でするかはメリットを考えて!

iphoneの修理は、正規店か非正規店かを選ぶ必要があります。正規店はメーカー認定の修理技術と品質やサービスがあるという安心感があり、非正規店には格安というメリットがあります。どちらを選ぶかは利用者次第です。

正規店で修理する手順

デバイスを正規店に直接持ち込む場合の手順

iphoneの修理を正規店に依頼する場合は、事前に準備しなければならないことがあります。デバイスを正規店に直接持ち込む場合の手順は、まずiOS デバイスをバックアップしてからApple ID のパスワードを確認します。修理によってはデバイスを初期化して「iPhone を探す」をオフにしなければならい場合があります。その場合にApple ID のパスワードが必要になるので、確認しておくようにしましょう。また修理手続きに購入証明書が必要になることあるので、購入時のレシートを持っていくことが大切です。デバイス本体以外にもアクセサリにも不具合がある場合はそれも一緒に持っていきます。他に運転免許証や保険証などの本人確認書類を用意しておくことがポイントです。これらが用意できたら予約が必要かどうか店舗に確認します。

デバイスを配送する場合の手順

デバイスを配送する場合の手順は、まずiOS デバイスをバックアップします。iOS デバイスをバックアップをしたら「設定」>「メッセージ」の順にタップして、「iMessage」をオフにします。その際にApple WatchとペアリングしているiPhoneならペアリングを解除を同時にしておくことが大切です。ペアリングを解除しておくと、iPhone 側でApple Watchの新しいバックアップが作成されるので、iPhoneが修理から戻ってきた時、このバックアップを使ってApple Watchを復元することができます。それから「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、デバイスを消去 (初期化) します。デバイスを初期化したらアクティベーションロックが無効になっていることを確認し、SIM カードやケース、画面保護フィルムなどをデバイスから取り外したら配送手続きを行います。

修理費を抑えたい方は非正規店へ

非正規店は修理費が安い

世界中で人気があるiphoneのシェア率はとても高く、日本にもユーザーがたくさんいます。iphoneは高価な精密機械なので、もし調子が悪くなったら少しでも早く修理に出すのが賢明です。Appleの正…

しかし非正規店で修理すると?

iphoneの修理は、正規店だけでなく、街にある修理店などの非正規店で行うという方法もあります。そして非正規店は、正規店よりも修理費が安く、修理期間も短くて済むため、利用を検討している人も多い…

非正規店のデメリットを把握した上で修理しよう

非正規店を利用することで生じるデメリットはメーカー保証の対象から外れてしまうことです。正規店であればメーカー保証の対象として扱われるので、修理後に何かトラブルが発生すればメーカーが対応して…